多田建設を知ろうGet to Know the TADA

ヒストリー

  • 数字でわかる多田建設
  • 100年の歴史とこれからのビジョン

明治創業期

創業当初は神社仏閣に関わる作品が主流でした。
その後は建築事業が主力となっていき、その施工のノウハウや精度で高い評価をいただき、多くの実績を積んできました。

  • 明生寺
  • 竜光寺
  • 竜光寺桜門
  • 光善寺
  • 恭願寺

朝鮮時代~戦後復興時代

多田組の創業者である多田嘉作は朝鮮に雄飛して、平壌府で数々の大工事に挑戦し、国土建設に専念し、多田建設の礎を築きました。
戦争終結後は日本に引き揚げ1947年東京にて株式会社多田組として再興し、1948年には本社を現在地に移転しました。

  • 伊和見旅館
  • 三鷹牟礼団地
  • 平壌公立女子高
  • 楽浪博物館
  • 平壌師範学校

基礎構築時代

昭和30年代は大型工事が多くなり、工事量も急速に増えていきました。
住宅公団の鉄筋コンクリート住宅建設が引き金となって、次第に耐火率が高くなっていく都営住宅や雇用促進事業が大きなウェイトを占めるようになっていきました。
その様な中、建設業界としては異色の鉄工部を設置し、多角経営の第一歩を踏み出しました。

  • 虎ノ門ビル
  • 三鷹牟礼団地
  • 高知市庁舎
  • 船橋市庁舎
  • 足立区体育館
  • 日通晴海自動車ターミナル
  • 新所沢団地

高度経済成長期から躍進へ

建設部門と鉄工部門の2部門が堅実な有力会社としてマスコミからの評価をいただき、全国7万8千業者のうち、完成工事高が140位前後にランクされるようになりました。
そして、昭和38年4月1日をもって東京証券取引所第2部に上場。昭和39年度契約高集計では200余社中6位と上位へランク付けされました。

昭和50年代に入ってからは、官公需の低調をカバーするため、受注の多様化とキメ細かいサポートを推し進め、昭和53年度完成工事高では全国66位まで躍進しました。
原材料の価格高騰などの多事多難を経て予想以上の好業績を達成したのは当社独自の営業活動の展開と、工事施工の合理化に努めた成果であるといえます。

  • 甲府市庁舎
  • 日立製作所習志野工場
  • 江津市庁舎
  • 島根県立中央病院江東公会堂
  • 島根県立中央病院江東公会堂
  • 鉄工部習志野工場
  • 万国博会場西ゲート
  • 日立運輸体育館
  • 成田小学校
  • 昭和学院高校
  • 亀戸勤労福祉会館
  • 三原市農協会館
  • 大河原小学校
  • 松島チサンカントリ
  • 寿光マンション
  • 城東保健所

当社の今後

今後は人材育成に努め、さらなる品質向上に取り組み、
得意とする住宅関連工事は無論のこと非住宅関連工事及び建築官庁工事の
受注により一層努力していきます。
また、設計施工物件の受注及び自社開発事業の促進等により
より強固な収益体質を確立してまいります。