働く人を知ろうPeople working

先輩社員インタビュー
岩本 俊

現在の仕事内容

何か上司に尋ねるにしても、まずは一度自分の頭で考えてから

現場監督として、品質管理や安全管理、工程管理などを行うのが私の仕事です。毎朝、現場で当日の作業内容の指示や安全に関する注意事項の伝達などを行ってから、建物の品質をチェック。その後、事務所に戻って材料や次の業者さんの手配をし、現場の作業が終わったら翌日の打合せというのがだいたいの業務内容です。この仕事は奥が深く、わからないことなど、まだまだ上司に尋ねる場合も多いのですが、一方で自分の頭で考えられるような年数にもなってきたので、何でもすぐに尋ねるのではなく、一度自分の頭で考えてから「私はこう思うのですが、どうでしょう?」という聞き方をするように心がけています。

仕事のやりがい・魅力

一人に任せられる仕事内容が多いぶん、やりがいも大きい

何もない状態から地図に残るものができあがっていくので、そこはやはりこの仕事の一番の魅力ですね。特に仕上げが終わってお客様に建物を引き渡した瞬間は、すごくやりがいを感じます。品質や安全、工程など、業務ごとに専任の担当者を決めている会社が多いのに対し、一人で全部できるようにというのが多田建設の基本方針。覚えることが多いぶん、最初はしんどいですが、今となってはよかったと思いますし、現場経験を積んでいくごとに任せられる仕事が増えて、どんどんやりがいも大きくなってきています。

入社の動機

若手を大切に育てていこう、という想いが伝わってきた

もともと建築に興味があり、大学も建築学部に進んだ私。いざ就職活動が始まり、複数の建設会社を比較検討した中で、待遇や教育面などさまざまな面で若手を大切に育てようという想いが伝わってきたのが多田建設でした。ただ、大学まで野球に熱心に打ち込んでいたこともあり、建築の知識にはぜんぜん自信がなかったんです。そこで、面接の際にそのことを正直に話すと、担当の面接官の方から「大丈夫。ウチの会社が求めているのは、知識よりも、元気がある人だから」と言っていただきました。それなら自分に合っているかなと、ここでお世話になることを決めました。

入社前・入社後の実感

ようやく仕事のペースにも慣れ、必要な知識も備わってきた

入社してすぐの頃は思っていた以上に頭も身体も使う仕事だなと思いましたし、たとえ1年目でも周りから監督として見られるぶん、本当の実力とのギャップに多少のもどかしさもありました。3年経ってようやくこの仕事のペースに慣れ、必要な知識も身に付いてきて、日々の業務にも少し余裕が出てきましたね。専門用語が飛び交う現場ですが、今は何を言われても理解できるようになりました。また、プロとしてしっかりとした知識を付けていこうと、入社後に二級建築士の資格を取得。現在も一級建築施工管理技士の資格を取得中です。

今後の目標、将来の夢

職人さんたちから慕われる、頼りがいのあるリーダーに

現場の職人さんたちは皆さん私よりもキャリアのある方ばかりですし、中には自分の父親や祖父と同じくらいの年齢の方もいます。そうした百戦錬磨の人たちに安心して働いてもらえるよう、頼りがいのある現場監督として成長していきたいですね。多田建設には最近どんどん若い人が入ってきています。まだまだ時間が掛かるとは思いますが、会社に認めてもらえるような実績をあげて、若手の中でもいち早くリーダーとして一つの現場を任せてもらえるように頑張れればと考えています。

タイムスケジュール