INTERVIEW

先輩社員インタビュー

公共工事など
人の目に触れる仕事も多く、
誇りをもって働ける

土木事業本部 土木部土木課 係員
2016年入社
髙橋 力也
RIKIYA TAKAHASHI

現在の仕事内容

頻繁なコミュニケーションが生む職人さんとの良好な関係性

橋脚や道路などの工事現場で、職人さんへの指示や物資の手配、測量などを行うのが私の仕事です。現在、入社して2つ目の現場になるのですが、直近でやっているのは多摩川の堤防の修繕工事です。職人さんは皆さん私よりもキャリアのある方たちばかりなので、図面を理解し、こうしてほしいという要望を伝えるのはけっして簡単なことではありませんが、わからないことは素直にアドバイスを求めたり、たわいのないことでもよいので日頃から頻繁なコミュニケーションを心がけることで、いい関係性の中で仕事ができると実感しています。

仕事のやりがい・魅力

仕事を設計どおりに進めることが、
自分のやりがいにもつながる

仕事をしていて一番やりがいを感じるのは、自ら測量して、設計どおりに進んでいることを確認できた時です。そして、そうしたチェック作業の繰り返しを経て、最終的にきれいに仕上がったものを見た時には、頑張った甲斐があったなとホッとします。駆け出しの頃、ちょっとした確認ミスによってピンチを招き、上司に助けられたことがありました。それ以来、作業の途中途中でもこまめにチェックを行い、何かちょっとでもおかしいなと思った時には面倒がらずに確認をするようにしています。

入社の動機

応募書類を持って訪ねると、
何とそのまま現場見学に行くことに

子供の頃は大工になるのが夢で、高校で進路を決める際に選んだのも建築と土木どちらも学べる大学でした。多田建設との出会いは大学で求人票を見たことがきっかけだったのですが、応募書類を持って本社を訪ねると、何とそのまま「これから近くの現場を見学しに行こう」という流れに。その時見たのは橋脚を作っている現場だったのですが、その時に所長さんとお話ししてすごくいい会社だなという印象を持ったのと、その後私一人のために説明会まで開いてもらったことに感銘を受け、多田建設で土木の道に進むことを決めました。

入社前・入社後の実感

測量を下請けに任せず、
責任を持って現場を管理する会社

測量は下請け業者に任せるという会社が多い中、多田建設では常に自分たちの手で行います。そこには、自らやることで現場の状況をきちんと理解し、間違いがあるのかないのか、責任を持って管理したいという想いがあるわけですが、まさかここまで入念にチェック作業を行うとは、入社前には想像もしていないことでした。入社して4年目。まだまだ至らない部分はたくさんありますが、自分の考えや意見を言えるようになってきたことと、上司から任せてもらえる部分が増えてきたことは、成長できた証かなと思います。

今後の目標、将来の夢

実力を磨いて、
後輩から頼りにされる人間になりたい

多田建設は考え方のしっかりしている先輩方が多く、1つのことをやる間にもう1つのことをやるといった効率的な仕事の進め方など、見習うべきところがたくさんあります。下の人間が入ってくれば、私も先輩として見られます。今のうちに業務を深く理解し、後輩にとって頼りがいのある人間になりたいと思っています。また、来年には一級土木施工管理技士の資格試験を受験することが可能になります。必要な知識・スキルを身に付けて、キャリアアップも図っていきたいです。

一日の流れ

7:20
出社
8:00
朝礼
8:20
仕事
職人さんへの指示・確認、
各種手配をしています。
12:00
お昼休憩
13:00
仕事
明日の打合せや手配などをしています。
各種材料等手配、図面作成なども
行います。
18:00
施錠
事務所に戻り書類の整理や
明日の準備をします。
19:00
帰宅
新卒採用エントリー
マイナビ2021からの
エントリーはこちらから
キャリア採用エントリー