多田建設の技術 イメージ

多田建設の技術

TECHNIQUEもの作りに安心を

歴史の長さは精度の高さ、
ノウハウの豊富さです。

数多くの工事の実績と経験を、新たな施工技術に反映させ、より満足度の高い建物を提供すべく、
工事の着手からお引渡しまでの間、経験豊かな技術者が集結し、設計面、施工面の検討・検査を行っています。

検討・検査の流れ

  1. 建築工事

  2. 施工前注意点の抽出

  3. 工事契約

  4. 着工前会議

  5. 瑕疵防止検討会議

    経験豊かな技術者が着手する現場で建物の検討をします。

    瑕疵防止検討会議 イメージ

  6. お引渡しまでの現場管理

  7. 施工検討会議

    各部門の経験豊かな技術者が集まり、現場踏査や設計図書の内容確認をし、施工上の問題点などを更に検討します。

    施工検討会議 イメージ

  8. 社内配筋検査

    現場での自主検査および検査を実施しています。

    社内配筋検査 イメージ

  9. 社内中間検査

    高い品質を担保するためにさまざまな段階で検査を実施しています。

    社内中間検査 イメージ

  10. 社内竣工検査

    建物のお引渡し前の最終的な検査を実施しています。

    社内竣工検査 イメージ

  11. お引渡し

  1. 土木工事

  2. 施工前注意点の抽出

  3. 工事契約

  4. 着工前会議

  5. 現場踏査

    経験豊かな技術者が着手前に現場において現場の状況を確認をします。

    現場踏査 イメージ

  6. お引渡しまでの現場管理

  7. 施工検討会議

    瑕疵防止検討会議での検討を踏まえ、更なる検討をします。

    施工検討会議 イメージ

  8. 社内配筋検査

    組み立てられた鉄筋が設計図書と相違なく出来ているか経験豊かな品質証明員による検査が行われます。

    社内配筋検査 イメージ

  9. 社内中間検査

    現場施行中のさまざまな段階で品質証明員による検査を実施しています。

    社内中間検査 イメージ

  10. 社内竣工検査

    お引渡し前に設計図書通りに完成しているか最終的な検査を実施しています。

    社内竣工検査 イメージ

  11. お引渡し

施工前注意点の抽出

お引渡しまでの現場管理

ISO9001 認証取得

お客様に高品質な建物を、また社会的資産として末永く貢献できる建物や土木構築物の提供を継続するため、第三者認証ISO 9001を取得し、品質方針を定め運営しています。

1999年7月 本社・東京支店・東関東支店・横浜支店・関東土木支店を首都圏事業部門として統括して認証を取得(ISO9001:1994年規格)
2001年1月 東北支店、大阪支店、中国支店、四国支店、九州支店を含め全店に拡大・登録
2002年6月 ISO9001:2000年規格に移行・更新登録
2005年6月 ISO9001:2000更新登録
2008年6月 ISO9001:2000更新登録
2009年7月 ISO9001:2008年規格に移行・更新登録
2011年6月 ISO9001:2008更新登録
2014年6月 ISO9001:2008更新登録
2017年6月 ISO9001:2015規格更に移行・更新登録
2020年8月 ISO9001:2015更新登録

※認証組織
本社:生産管理本部、設計・技術本部、管理本部(総務部)、 企画営業本部、東日本第1事業本部、東日本第2事業本部、 東日本第3事業本部、土木事業本部
被認証組織所在地と同じ

西日本事業本部
大阪府大阪市中央区久太郎町二丁目2番8号

ページトップへ戻る