働く人を知ろうPeople working


まずは、多田建設に入社した動機について教えてください。

広島:当社は住宅に特化した建設会社で、マンション工事が大半を占めています。昔からものづくりが好きだったこともあるのですが、人が生きる上で不可欠な衣食住の一角を担っているところに非常に興味を持ちました。

伊志嶺:私は広島課長のように立派な動機ではなく、以前働いていた不動産会社と近い業種だったことと、扱う金額の大きさ、仕事としてのスケール感の大きさに惹かれました。前職も同じ営業職だったので、最初は似たような仕事かな?というイメージを持っていたのですが、前職の会社が一般顧客に電話をかけて物件を紹介する営業スタイルだったのに対し、こちらは会社対会社の取引で、しかも取引先からのご依頼・ご要望に対して応えていく営業になるので、全然違いました。見えない相手にモノを売るのと違い、よい内容を提示できた時、感謝や喜びがダイレクトに伝わってくるのが嬉しいですね。

広島:私も入社前後でイメージが大きく変わりました。入社前は、ゼネコンというと怖い人が多いイメージを持っていましたが、実際は全く逆。どの先輩も、わからないことがあれば、手取り足取り、親身になって教えてくれるやさしい方ばかりでした。もちろん、ミスした時などは厳しい指導を受ける時もありますが、その裏側には必ず愛があって、常にこちらのことを想ったアドバイスをしてくれる。その結果として今の自分があると感謝しています。

現在のお仕事の内容は?

広島:取引先のデベロッパー様と工事請負契約を締結することが私たち営業部の仕事で、デベロッパー様から新規の物件情報をいただいたら、社に戻って建築部と打合せをして工事費を算出し、見積書をご提出するというのが一連の流れになります。先ほどマンション主体という話をしましたが、最近ではホテルやオフィスビル、特別養護老人ホームなどの非住宅系の建物の営業にも力を入れています。

伊志嶺:当社には設計部もあるため、設計段階から当社の方で図面を書いて、見積もりをして、ご契約をさせていただいて、工事をやって・・・という具合に、設計と施工両方のお仕事をいただくケースもありますよね。建設会社の中でも施工戸数は上位のほうで、大手各社を含め、多くのデベロッパー様とお付き合いがあります。

今のお仕事のどこにやりがいを感じますか?またピンチを感じたことは?

伊志嶺:上司と一緒に取引先を回っていると、上司には心を開いていても、私には心を開いてくれなかったりということがあります。最近は上司もいろいろ任せてくれるようになり、自分がお客様との窓口を担当することもありますが、お客様の要望にすぐに応えたり、不安材料は早めにお伝えしたりということを心がけた結果、お客様が自分に対しても心を開いてくれた時はすごくやりがいを感じます。
また、ピンチだなと思ったのは、上司から頼まれたことを失念してしまった時ですね。上司の中では受注までのストーリーができているのに、自分のちょっとしたミスでその段取りが崩れそうになったり、スケジュールが押してしまったりということが駆け出しの頃にはありました。今ではそうしたミスがないよう、緊張感を持って仕事に取り組むようになりました。

広島:うん、緊張感は大事だよね。一つの物件の取引額が億単位、場合によっては何十億にもなりますので、どのように受注するか、お客様のご納得いく金額をどう提示するか、自分も常に緊張感を持って仕事に臨んでいますし、試行錯誤の末にお仕事をいただけた時にはそのぶん大きなやりがいも感じます。受注に持っていくためには、お客様との信頼関係が必須となりますので、何よりコミュニケーションを大切にし、質問されたことには迅速かつ期待以上の回答を心がけています。また、人間どうしても好きなタイプ少し苦手なタイプがあると思いますので、相手の性格にあわせたキャラづくりというのも常に念頭に置いています。あと、ピンチを感じたことですが・・・私は金額面で相手の希望する回答ができない時ですね。そうした場合は、どう考えても対応できないのか、今一度検証を重ね、それでも本当に難しい場合はなぜできないのかという原因を追求します。ここをきちんとやることで、結果的に受注に至ることもありますし、予算に見合わないからといって不誠実な対応をすれば、せっかく築き上げた信頼関係も一瞬で失いかねないと思うのです。

多田建設の魅力って、どんなところですか?

広島:100年以上の歴史があるので、品質や技術力はどこにも負けないと思っています。

伊志嶺:現場と営業の連携がきちんと取れているところですね。実際にお客様からも「建築任せでなく、営業の方も会議に出てくれるので安心」とお褒めの言葉をいただくことがありますし、建築は建築、営業は営業ではなく、常に一丸となって行動しています。現場でトラブルがあった時に営業が対応できるというのは、当社の売りだと思っています。

多田建設へ入社して自分が成長できたこと、さらにこの先の目標は?

広島:お客様から要求されることを先回りして考える癖をつけてきたおかげで、公私ともに物事の先の先を考えながら行動するようになれました。今後は引き続き、お客様にご納得いただけて、なおかつ当社も納得できる仕事を受注していきたいと思っていますし、そういうWINWINの関係を築いていくためにも、より一層、社内外のコミュニケーションを大事にしていきたいです。

伊志嶺:私もお客様の先回りをして気遣いを見せることは大切だと思いますし、そうやって相手のことを考えられるようになったことは自分が少しは成長できた証拠かなと考えています。今は少しでも早く独り立ちして頑張れるようになりたいと思っています。

広島:あと、私は今年から後進の指導も行っていますが、自分が先輩方にそうしてもらったように、わからないことがあればわかるまでとことん付き合ってあげたいです。時にはお酒も飲みながら、今まで以上に何でも言い合える風通しのよい会社にしていきたいですね。伊志嶺、いつも付き合ってくれてありがとう(笑)

伊志嶺:いえいえ、こちらこそいつもごちそうさまです(笑)

最後の質問です。どんな学生に入社してもらいたいですか?

広島:コミュニケーションが取れる方、前向きで明るい方に入社してもらいたいですね。あと、何事にもめげない方、我慢強い方が向いていると思います。

伊志嶺:なんだかんだ真面目なのが一番。そういうのはお客様にも伝わるので、とにかく真面目で素直に物事を聞ける人がいいと思います。そして、それ以外は逆にあまり縛らずに。同じ営業職でも私と広島課長ではまるっきり性格が違いますし、いろいろなキャラクターの人がいたほうが、それぞれ対応できるお客様も違って、会社としてはベストだと思うんです。

広島:それは本当にそうかもしれないね。性格やバックボーンはそれぞれ違うほうが、組織として面白いし、会社の裾野は広がると思います。

  • 常にお客様からの要求に先回りして応えることで強固な信頼関係を構築
    第二事業本部 営業部 営業課長広島 友希
  • キャラクターの違う人たちがそれぞれの持ち味を活かして活躍できる職場
    第一事業本部 営業部 営業課 係員伊志嶺 幸哉