働く人を知ろうPeople working

先輩社員インタビュー
村上 拓也

現在の仕事内容

尊敬できる上司たちに囲まれ、一歩一歩成長できる職場

私の仕事は現場の施工管理で、今年で3年目に入り、ようやく全体の工程がわかってきたところです。この職種を選んだのは、基本的に机でじっとしているのが苦手なので、だったらデスクワークよりも現場かなという判断から。誰かと話したり、コミュニケーションをとることが好きなので、いろんな人と接する仕事という部分も自分の性にあっていたのかなと思います。大手と違って分業制ではないので、現場に関わるさまざまな職人さんの仕事のことや法律のことなど、実に幅広い知識が求められます。上司や先輩たちの博識さは本当に尊敬しますし、自分も早くそうなりたいと憧れています。

仕事のやりがい・魅力

足場を取って、パッと外観が出てきた瞬間に感じる達成感

初めて1つの現場が終わった時のこと。いよいよ竣工ということで、お客様に物件を引き渡すわけですが、足場を取って、パッと外観が出てきた瞬間はやはり何とも言えない達成感を感じました。また、年上の職人さんたちに囲まれる中、皆さんにどう気持ちよく働いてもらえるか、頭を使って考えながら仕事をすることも、日々のやりがいにつながっています。やはり同じ言い方でも人によっては怒ってしまう人もいますし、話す相手によって言葉遣いを変えたり、相手のフィールドに入ってコミュニケーションをとるように心がけていると、いざという時にもお願いしやすい関係性を構築できます。

入社の動機

多田建設なら、きっとスケールの大きな仕事に携われる

小さい頃からものづくりが大好きで、中学卒業後に両親の勧めもあって地元・福岡の工業高校の建築科へ。多田建設を受けてみようと思ったのは、大規模マンションなどスケールの大きな仕事に携わりたいという想いから都心での生活に憧れていたのと、うちの高校の卒業生が毎年就職していた縁で学校に求人が来ていたからでした。入社試験を受けるにあたり、多田建設のことはホームページ等でいろいろ調べましたが、大手デベロッパーのマンションも数多く手がけており、ここなら自分のやりたいことができるかなと思いました。

入社前・入社後の実感

都心での仕事にも上手く順応し、公私ともに楽しい日々

多田建設に入社して、すでにいくつかの現場を経験しましたが、その時その時の所長のカラーに染まるというか、同じ会社でも現場ごとに色が違って、常に新鮮な気持ちで仕事ができるというのは、入社後の発見ですね。あと、生活面では憧れの都心暮らしということで、渋谷のスクランブル交差点を歩いていたりすると、かつてテレビの中で見ていた世界に自分がいるというか、ちょっと不思議な気持ちになります。現在、会社の寮に入っているのですが、交通のアクセスも便利な場所にありますし、休みの日には同期と一緒に近くの繁華街へ繰り出したり、楽しくやっています。

今後の目標、将来の夢

将来の夢実現に向けて、今は地道に力をつける時期

近々の目標としては、資格の取得ですね。来年には二級施工管理技士の試験が受けられるので早く取りたいですし、宅建の資格取得も検討中です。ゆくゆくは独り立ちしてやっていきたいという想いもあるので、今は地道に自分の力をつける時期だと考えています。多田建設の現場監督は業務内容が多岐に渡りますし、けっして楽ではありませんが、先輩方は皆さん親身になって教えてくれる方ばかりで、建築に携わりたいと強く思っている人にとってはいろいろな夢を叶えられる職場だと思います。

タイムスケジュール